スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)

 1960年の日米安保条約改定に反対するデモに参加した東大生樺美智子さん=当時(22)=が死亡してから50年目に当たる15日、現場近くの国会議事堂南通用門前で、追悼集会が開かれた。
 集会には開催を呼びかけた市民団体の関係者や当時デモに加わった約50人が参列。門の前には遺影が置かれ、僧侶が読経する中、白い花を手向けて焼香した。
 当時、樺さんとともに活動していた古賀康正さん(78)は「樺さんは快活で愉快な人だった。彼女がまいた種は脈々と続き、われわれも社会を考えて行動するなど少しずつ変わってきた」とあいさつした。 

否決なら再提出=性描写規制条例で―石原都知事(時事通信)
横浜同級生刺傷、事件前の心境つづるメモ押収(読売新聞)
<カボチャ>宇宙へ行ったはずの種不明 山崎飛行士と帰還?(毎日新聞)
党首会談を拒否=政府・与党(時事通信)
首相動静(6月10日)(時事通信)

都電、初の大阪“乗り入れ” 阪堺線に昭和カラー企画(産経新聞)

 大阪・ミナミと堺を結ぶ路面電車の阪堺線に、東京の下町を走る都電荒川線の昭和20年代の“オールウェーズ”カラーの電車がお目見えした。東西チンチン電車のコラボ企画で、鉄道ファンの注目を集めそうだ。

 6日から阪堺線で運行された“都電カラー”車両は、昭和32年から製造された「モ501形車両」。都電荒川線が昭和24〜53年にかけて採用していた、黄色の下地に赤色のラインを施した旧塗装が施された。

 運行する阪堺電軌と親会社の南海電鉄は、平成20年から東京都交通局が運行する都電荒川線と共同で旅客誘致活動を行っている。今回の車両塗装の“相互乗り入れ”も、この一環で初めての試みという。

【関連記事】
夭逝の詩人・立原道造 元祖“乙女系男子”は元祖鉄道オタク!?
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
新宿の“文化遺産”思い出横丁の秘密とは…
忘れられたタイムカプセル、まもなく開封 東京・葛飾
「はやぶさ」帰還へ

一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅
鳩山内閣が総辞職へ=262日、5番目の短命(時事通信)
中1長女に暴行、父親の養護学校教諭を逮捕(産経新聞)
JR東海社員がIC乗車券不正使用(産経新聞)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)

<傷害>道路にロープ…原付きが転倒、61歳軽傷…愛知(毎日新聞)

 1日午前3時半ごろ、愛知県豊川市馬場町の県道を原付きバイクで走っていた近くの新聞配達アルバイト、深谷守さん(61)が、道路を遮るように張られたロープに引っかかり転倒、頭を切る軽傷を負った。豊川署は悪質ないたずらとみて傷害容疑で捜査している。

 調べによると、道路は幅約10メートル。ロープは太さ1センチほどのナイロン製で、両端を道路標識と反射板がついたポールに結びつけていた。深谷さんは新聞配達中だった。同署はバイクが通る直前に何者かがロープを張ったとみている。【沢田均】

普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
コートジボワール元外交官逮捕=賭博店に部屋提供容疑―警視庁(時事通信)
哨戒艦事件で協力要請へ=日中首脳会談で鳩山首相(時事通信)
F22が嘉手納到着、朝鮮半島緊張で前倒し(読売新聞)
首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)

口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)

 宮崎県で拡大している家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫問題で、政府の現地対策本部は23日、発生農場半径10キロ圏内で、豚に続き牛についても全頭殺処分を前提にしたワクチン接種をスタートし、計7万頭の接種を終えた。2〜3日中に接種を完了する。また、農水省は同日、県側に殺処分回避を求める動きがある種牛49頭について結論を示さなかった。法律上は殺処分が決まっているが、県の畜産に打撃を与えるため救済を求める声も強く、難しい対応を迫られそうだ。

 種牛49頭については、飼育していた同県高鍋町の県家畜改良事業団で別の肥育牛から感染の疑いが出たため、ワクチン接種もせず殺処分とすることが決まっていた。しかし、農水省は23日、種牛の救済を求める動きに明確な拒否の姿勢を表明せず、結論を保留した。

 理由について「県からの要請文書が届いていないため、検討できない」「最終的には(赤松広隆)大臣が判断する」と説明したが、同省関係者によると、「影響が大きいため、すぐに判断できない状態」という。

 同事業団の種牛は、この49頭のほか9割近い精液を供給している「エース級」6頭が隔離されていたが、うち1頭に感染の疑いが確認されて殺処分された。同じ牛舎にいた残り5頭も、特例として殺処分は回避されているが、経過観察中で予断を許さない情勢だ。

 東国原英夫知事は22日、「このままでは宮崎県から種牛がいなくなる」と49頭について殺処分を行っていなかったことを公表した。

 これに対して農水省側は、殺処分しなければ感染が広がる可能性も否定できず、法律では殺処分を実行しない所有者に懲役や罰金刑も定めていることなどから、難色を示している。

【関連記事】
決断遅れた口蹄疫 「政治主導」いずこに
「口蹄疫で消えてしまう…」日本3大開拓地・川南町ルポ
中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
赤松農水相の外遊に「空白の一日」
中国が優等生路線に?

<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
自然保護 動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
岡本ホテル関係先を一斉捜索=預託金200億超集金か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)

ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で―農水省(時事通信)

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、農林水産相の諮問機関「食料・農業・農村政策審議会」の牛豚等疾病小委員会は18日、追加的な感染拡大防止策として、家畜へのワクチン使用について「検討すべき時期にある」とする見解を示した。ワクチンは感染そのものを完全に防ぐことはできないものの、ウイルスの流行を抑える効果がある。農水省は近く、専門家の意見を踏まえ、ワクチン接種について最終判断する。
 記者会見した小委の寺門誠致・委員長代理(共立製薬取締役)は「ある程度時間を稼ぐという意味でワクチンの使い方はある」と指摘した。小委では、宮崎県の感染状況に関し、川南町を中心とした地域では「現行の対策のみでまん延を防止するのが極めて困難」との認識を示し、新たな対策の検討も求めた。
 感染例が多い一定区域内に限り、発生農場でなくても家畜を全頭殺処分する考え方について、政府内では将来的に踏み切らざるを得ないとする見方もあるが、小委では議論が深まらず、方向性は出なかった。ただ、ワクチン接種を実施した場合、対象となった家畜は一定期間後に殺処分することになり、全頭殺処分に近い対応になるとの意見もある。
 このほか、小委では、ウイルスの拡散防止のため、ネズミやハエ、野生動物にも注意が必要と指摘。現行の防疫措置を評価するため、専門家の委員を現地に派遣することも決めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
口蹄疫にワクチン使用検討を=感染拡大防止で
拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催
特別交付税で全額措置=口蹄疫、処分家畜への県補償分

旬の食材に舌鼓…人気の懐石料理列車 千葉・小湊鉄道(産経新聞)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
<婚活>コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)
夕張メロン 初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)

徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)

 徳島県は10日、ネット検索大手「ヤフー」(東京都)の「Yahoo!メール」を活用し、災害発生時に家族や友人らの安否確認ができる県民向け防災サービス「安否確認メール」(通称・すだちくんメール)の運用を始めた。ヤフーメールを活用した自治体の防災サービスは全国初という。

 近年に発生が予想される南海地震への危機意識の高まりを受けて導入。電話が不通となった場合でも家族や近所のグループ単位での安否確認が可能になる。県としても有事の際の安否確認を円滑にし、被災の大きい地域の早期支援につなげることができる。

 県のホームページ上で申し込みを受け付ける。安否確認の際に活用する「@ourtokushima.jp」のメールアドレスが発行され、利用者が家族やグループで登録すれば、災害時に県から安否確認を求めるメールが届き、携帯電話やパソコンから被災状況などを打ち込むと、各グループの専用掲示板で互いの安否確認できる。

 利用無料。問い合わせは県南海地震防災課((電)088・621・2281)。

【関連記事】
地震速報機付き自販機登場 新潟
避難の防災メールを誤送信 北海道釧路市
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
防災ヘリ救急搬送約4割減 群馬県がドクターヘリ就航で負担軽減
地震が起きるぞ!うわさ流した5人を拘束 中国
少子化を止めろ!

教科書検定プロセスが明らかに 研究センターで資料公開始まる(産経新聞)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)
着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)

<羊放牧>春満喫、一斉に駆けっこ 岩手・小岩井農場(毎日新聞)

 岩手県雫石町の小岩井農場まきば園で22日、羊の放牧が始まった。長い冬を羊舎で過ごした150頭が、新芽の広がる牧草地を一斉に駆けめぐった。

 今春は約80頭の子羊が誕生。見知らぬ外界に戸惑ったのか、初めは羊舎から出ようとしなかった子羊も、羊飼いと牧羊犬に追われ、牧草地へ移動した。同園では23日から11月まで毎日、牧羊犬と羊のショーなどを行う。入園料500円、5歳以上小学生以下は250円。【丸山博】

【関連ニュース】
小岩井農場まきば園:エコ農場スクール開校 連続講座、食育など−−雫石 /岩手
経済情報:小岩井農場まきば園でSuica利用可能に /岩手

<訃報>戸井田孝さん61歳=大日本印刷常務(毎日新聞)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)
対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)
大田区の住民 用地取得費5億に疑問 損害補填求め監査請求(産経新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)

エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)

 世界有数の親日国として知られるトルコで、巨大日本庭園の建設が急ピッチで進んでいる。草の根の「日本トルコ民間交流協会」(東京)が橋渡し役となり、世界各地で庭園を手掛ける第一人者の福原成雄・大阪芸術大教授(59)=造園学=が設計を担当、7月の完成を目指す。今年は両国交流史の原点となる「エルトゥールル号事件」から120年。節目の記念プロジェクトで、関係者は「両国友好のシンボルに」と期待を膨らませている。

 ■深山幽谷…「日本の心」再現

 建設地は首都・アンカラの西約200キロにあるエスキシェヒル。紀元前1千年ごろに築かれ、トルコ語で「古い町」を意味するが、20世紀前期のトルコ革命後に再建され、現在は主要な産業都市となっている。

 庭園整備は、ユルマズ・ブユックエルシェン市長(73)が発案した。市長はこれまで何度も来日した親日家で、京都の庭園などを訪れるうちに美しさに魅せられ、学長を務めた地元大学の学内にも日本庭園を建設したほどだ。

 市長は、かねて構想していた夢の実現のため、郊外に約2ヘクタールの敷地を確保し、昨年6月、同協会の石本寛治会長(71)に設計者探しを依頼。石本会長は、日本国内で日本庭園の専門家を探す中で、福原教授の存在を知った。

 ■第一人者も快諾

 福原教授は、これまで米国やドイツなど、海外20カ所以上で日本庭園の設計を手掛けてきた権威。2001年には世界有数の園芸展とされる英国の「チェルシーフラワーショー」で金賞と最優秀賞を同時受賞し、06年には雑誌「ニューズウィーク」の「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれている。

 「海外にも日本庭園は数多くあるが、現代芸術風にアレンジしたり現地の文化と混ぜ合わせたりして本来の姿とはかけ離れている」。かねて一つの不満を抱いていた福原教授は、石本会長の依頼を快諾した。

 昨年8月に市長が来日した際、福原教授は自身が設計を手掛けた大阪府堺市にある大仙公園内の日本庭園を案内。大きな池を中心に、築山や小島などを配する「築山林泉回遊式」という手法を用い、ところどころに景勝を織り交ぜながらやがて水流が大海に注ぐ景観を、伝統的手法を駆使して表現していた。

 感動した市長は、その場で「こんな日本庭園を造ってほしい」と発注。福原教授は翌9月に現地入りし、さっそく簡単な設計図を市側に渡した。

 ■例のない大規模

 設計では、高さ2〜7メートルの築山を造成、落差2メートルの大滝を設けて「深山幽谷の景色」を再現する。滝壺から分かれた2本の水流が流れ込む池には木橋や浮御堂を配置。半島状に伸びた岬も表現する。福原教授は「エルトゥールル号事件にちなみ、和歌山県串本町の海岸も表現したい」と構想を膨らませた。

 使用する石材は、福原教授自らがトルコ国内で選んだ。先月末から今月上旬にかけて現場入りし、現地職員と協力して石組み作業を行い、荒々しい大滝部分の外観が姿をみせた。園内にはサクラなども植える計画で、茶室などの建設構想も浮上している。

 現地を見た石本会長は「トルコの数ある日本庭園の中でも、これほど本格的で大規模な庭園は例がない」と絶賛。「本物の日本庭園の姿を通じて、日本人の心も伝わるはず。トルコ国民に日常的に利用してもらい、日本文化に触れてほしい」と願っている。

      ◇

【用語解説】エルトゥールル号事件

 明治23(1890)年、当時のオスマン帝国が、明治天皇拝謁(はいえつ)のため派遣した総勢650人の使節団を乗せた軍艦・エルトゥールル号が、横浜港からの帰路、台風に見舞われて和歌山県串本町沖で沈没。地元住民の献身的な救助活動で生存者69人が救出された。串本町に慰霊碑が建立され、慰霊式典を開催。トルコの親日感情に大きく寄与したとされる。

【関連記事】
憲法改正案を国会に提出 トルコ、国民投票の可能性
トルコの地震で少なくとも38人が死亡
米下院、アルメニア人「虐殺」決議を可決 トルコは大使召還
両陛下、京都で日本庭園ご覧に
万博「日本庭園」40年前の景観に 11万本、初の本格伐採
外国人地方参政権問題に一石

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)
<エレベーター>11人閉じ込められる 大江戸線・森下駅(毎日新聞)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
誤った警察発表、少年遺族「名誉毀損」 愛媛県に33万円賠償命令 松山地裁(産経新聞)

部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)

 福岡県警は15日、部下の巡査長(27)を殴ってけがをさせたなどとして、県警早良署地域2課の警部補(36)を傷害と暴行容疑で福岡地検に書類送検し、減給6か月(10分の1)の懲戒処分にした、と発表した。

 県警監察官室によると、警部補は九州管区機動隊早良小隊長だった昨年10月1日、全国育樹祭の警備のため、長崎県内を移動中の大型バス内で、隊員だった巡査長の顔を平手打ちし、唇を切るけがを負わせた。このほか同9月16日から10月4日の間に計6回にわたり、巡査長がミスをした際、署内などで空のペットボトルを顔に投げつけたり、胸ぐらをつかんで壁に押しつけたりした疑い。

 巡査長が無線機の通信をうまくできなかったことに立腹して平手打ちをしたといい、一連の暴行について警部補は「一人前になってほしいという思いだったが、反省している」と話しているという。西谷五郎・首席監察官は「いかなる理由であれ上司による暴行は許されない。再発防止を徹底したい」と話した。

「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
中国電部長が自殺か=原発点検漏れ問題を担当−島根(時事通信)
ニコン、COOLPIX「S4000」「S3000」一部カラーの発売を延期
平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)

郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、同党議員総会後の会見で、策定中の郵政改革法案について、遅くとも20日ごろまでには国会に提出したいとの考えを表明した。郵政改革法案は日本郵政グループを3社体制に再編することや、郵便、金融の全国一律サービスの義務付けなどが柱。亀井氏はこれまで、国会提出の時期について、「4月の半ばぐらいには出したい」と述べていた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
金子・土田両氏の資産公開(産経新聞)
<雑記帳>愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
B型肝炎訴訟、「具体的な話できる段階でない」―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
将棋 羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ
即日現金化
債務整理 無料相談
携帯ホームページ
情報商材レビュー
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    みっくみく (08/27)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    ジェームズ (05/12)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    とろろいも (01/14)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    ソルバルウ (01/05)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    タンやオ (12/31)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    リョータ (12/26)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    晶太郎 (12/22)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    きんちゃん (12/16)
  • 樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
    ちょーたん (12/12)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM